<< 熱燗を交わしながら | main | 突然のボーリング >>

3.11〜震災及び卒業から1年〜

日本中を衝撃の渦に巻き込んだあの東日本大震災から丸1年が経ちましたね。
震災で亡くなられた方々に黙祷を捧げご冥福をお祈りするとともに、現在もなお避難生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞い申し上げます。
それにしても1年という時の流れとは本当に早いものです。
上記の通り、3.11は一般的には東日本大震災が起こった日ですが、「最後の日」で述べたようにこの日は僕達北海道福祉大学校・福祉保育科8期生にとっては忘れもしない卒業式の日でした。
卒業式終了後、祝賀会の準備や表現サークルのDVD制作(表現サークルのメンバー全員に2年間の活動風景を撮影した写真を使ってDVDを制作し、祝賀会や2次会で渡しました)などもあって僕は一度帰宅し、表現サークルのDVD制作のためにパソコンをいじっているとすぐに地震と分かる揺れがあり、早速テレビをつけると東北地方でマグニチュード9の大地震が起きているとの情報が入ってきました。
次第に電話やメールもつながらなくなり、ただ事ではないと思いつつ、地震が起きたということ以外に詳しい情報を知らないまま、祝賀会や2次会では友達や先生方とお酒を飲みながら語り合い、3次会ではカラオケでワイワイガヤガヤ一睡もせず朝まで歌い通し、帰宅しました。
帰宅して早速テレビをつけると東北地方が見るも無残な姿になっており、大変なことになったという事実を初めて知りました。
あれから1年・・・。
先日、ある番組で被災者である女子高生が話していた「いい加減メディアで『復興!復興!』言われるのは嫌気がさす。復興って何なのか?この先新しい建物が建っていって新しく町が生まれ変わればメディア上では“復興”したことになるかもしれない。しかし、震災前の町、私が生まれ育った町が元通りに戻るわけでもなければ、亡くした大切な人が戻ってくるわけでもない。私達の被災した心は一生復興することはない」という言葉がとても印象的でした。
・・・本当に難しい問題ですよね。
正直、何不自由ない生活をしている僕達には被災者の心に渦巻いているものは全くと言っても過言ではないほど分かりません。
しかしながら、そんな中でもひとつ、これだけは言えると思います。
東日本大震災が起こったという事実、3.11をこの先何年経っても風化させてはならないということです。
正直、時が経つに連れ、震災があったことを忘れがちになることがありますが、上記の女子高生が出ていたテレビを見てから、改めておこがましくも自分はどれだけ被災者の力になれるかを考えつつ、
自分が今すべきことに精一杯取り組んでいきたいと感じました。

ところで、上記したように僕も専門学校を卒業して1年が経ち、3日前には「最後の学校」で述べたように修了式があり、通信教育を受けていた近畿大学豊岡短期大学・こども学科も無事卒業となりました。
何度も言いますが、本当に時の流れとは早いものです。
最初の方でも触れましたが、「最後の日」で述べたように去年の今日に専門学校の卒業式を迎え、祝賀会や2次会では馴染みの仲間達やお世話になった先生方と楽しい時間を共有し、3次会では翌朝までカラオケを楽しみました。
3次会を終え、最後にクラス委員長としてみんなの前で挨拶し、それぞれが帰るべき方向へ歩いていく姿を見届け、1人になった時、「もう来週から当たり前に毎日みんなと会えないんだ・・・」という気持ちが急にこみ上げ、目頭が熱くなりました。
帰宅し、早速テレビをつけて震災の影響を受けた東北地方の様子を少し観た後、卒業式の前日は1〜2時間しか寝ていなかったこともあってすぐに眠りにつきました。
起床後、クラスメイト全員に渡した、専門学校での2年間の思い出の数々を詰めた自主制作のDVD「Memories」を観たくなり、1人で観て2年間の出来事を走馬灯のように思い出しながらしみじみしていました。
今でも1年前のことをつい昨日のことのように鮮明に覚えているため、あれから1年経ったなんて本当に信じられません。
個人的には卒業式以来会っていない友達も6人います。
みんな今はどこで何をしているのだろう?
とにかくみんな元気でいてくれたら何も言うことはありません。
次にみんなと会えるのはいつ頃なのだろう?
また保育科のみんなで集まってお酒を飲んだり、カラオケでワイワイガヤガヤ歌って楽しみながら、近況や保育科での思い出話を語り合いたいなぁ〜!
またみんなに会える日を楽しみにしています!!

↑去年の3月10日に行われた修了式の日(卒業式の前日)に撮影した教室

ところで、2009年12月23日から始めたこのブログもいよいよ今回の書き込みで150回目を迎えました!
東日本大震災から1年、個人的には専門学校の卒業から1年という節目の3.11に150回目を迎えたのも何かの縁なのかもしれません。
今後とも続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します!


スポンサーサイト

  • 2017.11.25 Saturday
  • -
  • 18:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
そうですね。文字通り忘れられない日でした。なので僕は「そこ」にいられなかった訳です。

風化させてくない・・・それは何のためかを改めて考えさせられました。

原○の是非に関しては多くの意見、見解があるでしょうね。
何事もそうだと思いますが、ただ盲になり反を掲げる事に危機感を感じると敢えて記述します。
ブログ150回目の書き込み、おめでとうございます(パチパチ・拍手)
すごいですね。

私もがんばろ、って思いました。
これからも拝見させて頂きます。
  • やっちゃん
  • 2012/03/17 1:09 AM
Re: nakajimaさん

コメントありがとうございます!
震災の影響で祝賀会で飲むことはできませんでしたが、後日改めてシャレたジャズバーでのひと時、とても懐かしく思います。

原○も色々問題になっていますよね。
僕の親戚に原○関係の仕事をしている人がいるので、そういう親戚から色々情報をもらったりもしますが、とにかくまずは安全第一ですよね。
Re: やっちゃんさん

コメントありがとうございます!
ご祝福(?)もいただき、大変嬉しく思います。
見て下さっている方がいらっしゃってこそ、こちらもブログを続ける甲斐があるというものです。
今後ともよろしくお願い致します。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM