<< 日本プロ野球史上58人目の通算250本塁打 | main | 焼肉を食べながら >>

日本プロ野球史上40人目の通算2000安打

一昨日、ヤクルトの宮本慎也選手が日本プロ野球史上40人目の通算2000安打を達成しました。
宮本選手と言えば本人も「僕は守備の選手」と語るほど守備の名手として知られています。
かつて、長嶋茂雄氏が三塁手として記録した連続無失策214(かつてのセ・リーグ記録)を宮本選手が追い抜き、セ・リーグ記録を更新し続けていました。
残念ながら、一昨日の試合で宮本選手は失策をして連続無失策が途切れましたが、セ・リーグ記録を257まで延ばしました。
しかしながら、打撃でも規定打席到達における3割越えを5回達成しており、2001年にはシーズン67犠打の日本記録を打ち立てるなど、チームの勝利に貢献してきた宮本選手。
特に昨年宮本選手は41歳ながら今までと全く衰えない打撃を見せ、最終的にリーグ3位の3割2厘を残し、ヤクルトにおいては唯一の3割達成打者でした。
その宮本選手、今季の開幕時点では2000安打達成まで残り25本と2000安打に最も近い打者であり(同じく開幕時点で日本ハムの稲葉篤紀選手が2000安打まで残り34本、ソフトバンクの小久保裕紀選手が残り38本)、開幕直後は好調を維持するものの、その後に調子を落とし、不振にあえぎながらも徐々に2000安打に近づけてきました。
先週の28日に稲葉選手が先に2000安打を達成し、それから6日後となる一昨日、ついに宮本選手も2000安打を達成しました。
1976試合目での2000安打達成でしたが、「史上39人目の偉業」で述べましたように稲葉選手も同じく1976試合目での2000安打達成でした。
宮本選手と稲葉選手は1994年度のドラフトで同期入団であり、奇しくも同じ年、同じ試合数での2000安打達成となり、お互いに縁を感じているようでした。
稲葉選手が史上39人目、そして宮本選手が史上40人目の2000安打達成者となり、次はソフトバンクの小久保選手です!
小久保選手は昨日現在でいよいよ2000安打達成まで残り10本となりました。
小久保選手の2000安打達成も近々見れそうであり、1年に3回も2000安打達成を観ることができるのは本当に幸運なことだと感じています。
ところで、宮本選手、上記のようにシーズンの犠打数の日本記録を打ち立てるほど犠打の上手い選手でもあり、昨日現在で通算392犠打を記録しており、通算400犠打まで残り8本としています。
日本プロ野球で400本以上の犠打を達成しているのは世界記録でもある533犠打を記録した川相昌弘氏、451犠打を記録している平野謙氏の2人のみであり、宮本選手が400犠打を達成すれば史上3人目の達成となります。
2000安打の次は400犠打、とても楽しみにしています。
まずは宮本選手、2000安打達成、本当におめでとうございました!



〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=53(史上38人目の偉業)
http://importants.jugem.jp/?eid=175(史上39人目の偉業)


スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • -
  • 01:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM