<< 史上初の日米通算500二塁打 | main | どろんこクラブin藻岩山 >>

2012年公式戦〈日本ハムVSDeNA〉2回戦in札幌ドーム〜稲葉篤紀2000本安打メモリアルナイター〜

3日前、札幌ドームへ野球観戦に行ってきました。
対戦相手はDeNAでした。
まずは両チームのスターティングラインナップを紹介します(敬称略)。

 

 DeNA

 日本ハム

 1番

 中堅

 荒波翔

 右翼

 糸井嘉男

 2番

 右翼

 森本稀哲

 三塁

 小谷野栄一

 3番

 三塁

 筒香嘉智

 二塁

 田中賢介

 4番

 DH

 ラミレス

 左翼

 中田翔

 5番

 一塁

 中村紀洋

 一塁

 稲葉篤紀

 6番

 左翼

 一輝

 中堅

 陽岱鋼

 7番

 遊撃

 石川雄洋

 DH

 スレッジ

 8番

 捕手

 黒羽根利規

 遊撃

 加藤政義

 9番

 二塁

 サラサー

 捕手

 鶴岡慎也

 先発

 投手

 ジオ

 投手

 吉川光夫


この日は長い長いタイトル通り「稲葉篤紀2000本安打メモリアルナイター」と銘打って稲葉選手の通算2000安打を記念したメモリアルナイターが行われました。
メモリアルナイターということで試合前の17時半からセレモニーが行われるため、余裕を持って2時間前の15時半頃に札幌ドーム入りし、16時半頃に入場。
メモリアルナイター開催記念として来場者25,000人限定でステッカーが配られ、僕ももらうことができました!
嬉しかったです!!


何事も早く行動すればいいことがあるもので、ステッカーをもらうだけではなく、何とB☆Bと一緒に写真を撮ることができました!


B☆Bとの写真撮影後、札幌ドームで販売されている弁当を購入。
今回はビビンバ、イカ入りソース焼きそばを食べました。
2012年度日本ハムVSオリックス第7回戦in札幌ドーム」で述べましたが焼きそばは前回野球観戦に行った時にも食べました。
美味しいです!


この日のスターティングラインナップ!


スターティングラインナップが紹介された後、セレモニー開始。
まずは稲葉選手の2000安打達成までの軌跡をまとめたスライドショーが流れました。
その後、3・4月度月間MVP並びに通算250本塁打も達成した稲葉選手へ各来賓から記念品が贈られ、最後には高橋はるみ北海道知事から感謝状、上田文雄札幌市長から市長特別表彰を受けられました。
そして、名球会入りの証として山田久志名球界理事から稲葉選手へブレザーが授与され、最後は元日本ハムで現DeNAの森本選手から稲葉選手へ花束が贈られました。
森本選手、泣き真似をして登場し、稲葉選手に花束を渡して抱きつくとたちまちタコの口になり、日本ハム時代のように笑わせてくれました(笑)。
必死に顔を反らす稲葉選手も面白かったです(笑)。


プレイボール!
バッターボックスの稲葉選手。


元同僚の森本選手と時折何やら話す稲葉選手。


ヤクルト時代の同僚のラミレス選手とも時折何やら話す稲葉選手。


この日のヒーローは3打数2安打1打点の大活躍で自らのメモリアルナイターを勝利で飾った稲葉選手。
2000安打、250本塁打、3・4月度月間MVP、名球会入り・・・稲葉選手は数々の思いを語りつつも、最も力強く語っていたのはチームが勝利できたこと、その先のリーグ優勝、日本一を目指すということでした。
どこまでも謙虚な稲葉選手、本当に尊敬しています。
ちなみに、名球会入りについて「ブレザーを着た時にゾクっときました。でも、感触は汗でベタベタしていました」、この日放った三塁打について「サードベースに到着した時には足が笑ってました」などの自虐ネタで笑わせてくれる稲葉選手でもありました(笑)。


最後は花火の打ち上げ!
あまりキレイに撮影できず、残念。


今回、今月2度目、自身3度目の札幌ドームでの野球観戦でした。
ちなみに、セ・パ交流戦を生で観るのも初めてでした。
この日の試合の流れを簡潔に書きたいと思います。
1回裏、先頭の糸井選手が内野安打で出塁、一死2塁で迎える田中選手の三塁打で1点先制、二死3塁となって迎えるは稲葉選手!
球状全体が稲葉ジャンプ!!
僕も2009年に札幌ドームへ野球観戦に行った時以来自身2度目の稲葉ジャンプでした。
やっぱりいいですねぇ〜!
稲葉選手の当たりは一塁を守る中村選手のところへ・・・しかし、稲葉選手はあらゆる可能性を信じて全力疾走、一塁ベースカバーに入るジオ選手と交錯しながらも稲葉選手の足が勝り、内野安打、1点を追加しました。
4回裏、一死で迎える稲葉選手の当たりは右中間を破り全力疾走で三塁へ(ヒーローインタビューでは「サードベースで足が笑ってました」と観客を笑わせてくれました 笑)、続く陽選手の犠飛でもう1点を追加しました。
ちなみに、稲葉選手、この三塁打で通算三塁打を49本とし、通算50三塁打まであと1本となりました。
5回表、サラサー選手の単打、一死で元日本ハムの森本選手の単打、二死で迎えるラミレス選手の適時打でDeNAに1点を献上し、森本選手も本塁目掛けて激走しますが糸井選手の目の覚めるようなレーザービームで森本選手をタッチアウトに仕留め、2点目は何とか阻止しました。
それにしても糸井選手の強肩、すごかったです!
その後、日本ハムの投手陣が踏ん張り、1(DeNA)対3(日本ハム)で日本ハムの勝利となり、激闘を制した勝利でした。
本当に素晴らしい試合だったと思います。
21時半頃、僕は札幌ドームを出ました。
するとあるひらめきが・・・。
ここ最近、運動不足な僕。
自宅から札幌ドームまでは結構な距離があります。
・・・「そうだ、時間もあることだし、ランニング&ウォーキングをしながら帰ろう!」というひらめきが(笑)。
まずはゆっくり歩き出すとDeNAの監督、コーチ、選手陣がバスで札幌ドームを出たところであり、僕や周りの日本ハムファンが中畑清監督に手を振ると快く手を振ってくれました。
中畑監督のファンサービス精神、独特のキャラ、個人的に好きです(笑)。
DeNAのみなさんを見送り、再び自転車を押しながらランニング&ウォーキングをしながら歩くこと約1時間、道を間違えたのか全く別のところへ出てしまい、そこからまた1時間・・・足腰パンパン、ふくらはぎがつった状態で自宅へ帰宅(笑)。
2時頃に眠りに着き、次の日に目覚めた時間は・・・何と13時半(笑)。
さらに二度寝、三度寝と繰り返すとすでに15時半。
13時間半、熟睡してました(笑)。
しかしながら、とてもいい運動になり、これだけ長い時間熟睡したのは本当に久しぶりでした。
いい運動になり、いい睡眠も取れ、良かったです。
また機会を見つけ、野球観戦に行きたいです!

〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=180(2012年度日本ハムVSオリックス第7回戦in札幌ドーム)


スポンサーサイト

  • 2017.11.25 Saturday
  • -
  • 03:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM