<< 倶知安町のんびり旅【その2】 | main | 北海道立体表現展 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


どろんこクラブinさとらんど

過ぎし日の思い出第2弾!
どろんこクラブのボランティアについてです。
行ったのは6月5日・・・。
そのもっと前には同じくどろんこクラブのボランティアの感覚統合にも3回行きました(今後、いつか感覚統合について書きます)。

タイトルにもあるように、6月5日はさとらんどへ行ってきました。
当時、保育実習2週間前でしたが、実習前にいかに「子どもと関われるか」ということを大切にしたいと思い、参加しました。
僕が今まで参加したオリンピアボウルと感覚統合3回の計4回ともクラスメイトのM・Oくんと一緒に行きましたが、今回M・Oくんは欠席でした。
基本的にM・Oくんは感覚統合専門で行くと言っていました。
ところで、どろんこクラブのボランティアに4回参加した時に担当させていただいたのはいずれも小学生でしたが、さとらんどでは高校1年生の男の子(Bくん)を担当させていただきました。
一緒にさとらんどの色々なところを回り、固定遊具や汽車、馬車などに乗って一緒に遊びました。
また、どろんこクラブの職員の方のレクリエーションもあり、しっぽとりゲームなども行い、とても楽しかったです。
昼食は焼肉&バーベキュー!
おにぎりや焼きそばもあり、本当に美味かった!!
ちなみに、Bくんはおにぎりを7個近く食べており、とても食欲旺盛でした。
また、僕が気づかないうちにBくんが僕の皿におにぎりを2個程入れてくれており、その前に3〜4個食べていた僕も結果的に6個は食べました。
反省会の時には「1人2〜3個で計算していた」と職員の方が言っており、Bくんのことはともかく、僕のことに関しては“シー”でした(笑)。

全体的な感想としては「子どもと関わる」という目標にはそぐわなかったものの、とても楽しめました。
実習前ということもあり、緊張感や不安もありましたが、“人”と関わることでそれを解消できました。
保育実習でお世話になった園長先生も仰っていましたが、子どもを専門に扱う職業に就くためにはもちろん子どもとの関わりも重要かつ必要不可欠となってきますが、幼稚園・保育園共に関わるのは子どもだけではなく、先輩の保育者や保護者など、大人とも関わります。
ですので、年齢関係なく、「“人”と関わることが大切」だと少なからずかもしれませんが、この時のボランティアを通して学べたと思います。
この後、幼稚園教育実習や施設実習があり、忙しくなりますが、機会があればまたどろんこクラブのボランティアに参加したいと思います。

〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=19(どろんこクラブinオリンピアボウル)


スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • -
  • 07:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM