<< 4人で鍋を囲いながら | main | 深夜の集い >>

3.11〜震災及び卒業から2年〜

今でも記憶に新しい東日本大震災。
あの震災からついに今日で丸2年が経ちました。
未だ行方不明の方々もたくさんおられ、未だかつての町並みとは程遠い姿の被災地で避難生活を余儀なくされている方々、親愛なる家族や友人を亡くされた方々に心よりお見舞いを申し上げる限りです。
かつて、ある番組で被災者である女子高生が話していた「いい加減メディアで『復興!復興!』言われるのは嫌気がさす。復興って何なのか?この先新しい建物が建っていって新しく町が生まれ変わればメディア上では“復興”したことになるかもしれない。しかし、震災前の町、私が生まれ育った町が元通りに戻るわけでもなければ、亡くした大切な人が戻ってくるわけでもない。私達の被災した心は一生復興することはない」という言葉を未だ僕は忘れることができません。
被災された方々の気持ちを何不自由ない生活をしている僕には心底分かりませんが、必死で這い上がろうとする被災者の方々を見て本当に僕はたくさんの勇気をもらっています。
あの震災から丸2年が経った今日、今自分にできることに精一杯取り組みたいという気持ちに改めてさせられました。
この震災で得た教訓、そして東日本大震災があったという事実を今後も絶対に風化させてはなりません。
おこがましくも、改めてもし被災者の方々のために自分に何かできることがあれば、無理せず自分のできる範囲で協力できればと思っています。

ところで、この東日本大震災があった日、僕にとってはもうひとつ忘れられない専門学校の卒業式が挙行された日でもありました。
震災並びに専門学校の卒業からも今日で丸2年が経ちました。
本当に時の流れは早いものです。
あまり実感が湧きませんが、来月で僕が保育者という職業に就いて3年目に突入します。
「石の上にも三年」という言葉もあるように、社会人として最も踏ん張りどころとなる年だと思っています。
同じ学び舎で同じ夢に向かって学んだ仲間達に刺激をもらいながら、僕も気持ちを新たに3年目をどう過ごすかよく考え、どれだけ失敗しても最終的には「終わり良ければ全て良し」と言えるような年にできればと思っています。
みんなはどのような気持ちで新年度に臨むつもりですか?
なかなか集まれる機会がたくさんないのが残念ですが、仕事に関する情報交換や近況報告も含めてみんなで集まって語り合いたいですね!
またみんなと会える日を楽しみにしています!!


〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=150(3.11〜震災及び卒業から1年〜)


スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM