<< 発表会の前日に | main | 夜から深夜の宅飲み >>

2013年度発表会

過ぎし日の思い出第16弾!
去る昨年12月7日、僕の働いている幼稚園で発表会が行われました。
「2012年度発表会」にも書いたように僕が働いている幼稚園の発表会はとても面白い取り組み方をしています。
僕が補助させていただいているクラス(M組)では「ジャッキーのおたんじょうび」というお話を題材を発表会で行いました。
あらすじはジャッキーのお誕生日会に招待されたM組はジャッキーの家に行きますが、ジャッキーが熱を出してしまい、M組のみんなでジャッキーにお薬を飲ませてジャッキーの熱を下げ、ジャッキーに美味しいパンケーキを焼いてジャッキーを元気にし、最後にジャッキーのお誕生日プレゼントとしてお遊戯(芦田愛菜ちゃんの「ステキな日曜日」)を踊り、最後にM組1人ひとりがジャッキーのために作ったプレゼントをジャッキーに手渡して終わるという内容でした。
発表会当日まで子ども達は毎日ジャッキーやジャッキーのお兄ちゃんなどから手紙が届いて手紙に書かれている内容に取り組んだり(要は練習内容が書かれており、それに取り組みました)、ジャッキーにはお誕生日会まで秘密のお遊戯を毎日踊りました。
子ども達は本当に目をキラキラ輝かせて「今日は誰からお手紙が届くかな?」、「ジャッキー、踊りのプレゼント、喜んでくれるかな?」、「今日、ジャッキーが僕(私)のこと見に来てくれるかな?」などなど、本当に活動にとても意欲的で、毎日楽しみながら取組んでいました。
そんなこんなで迎えた発表会当日、見事にお休みの子は誰もおらず、子ども達はジャッキーのお誕生日会当日を本当に楽しみにしていました。
泣き出してしまう子もいましたが、最終的には笑顔で発表会に臨むことができました。
子ども達はみんな緊張していたと思いますが、本当にみんな元気良くお返事してお父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが見ている舞台に向かって登場してくれました。
僕もまた昨年初めて副担任かつ補助として発表会に臨ませていただいたためとても緊張していましたが、僕の緊張を子ども達の元気が吹き飛ばしてくれ、本当に心から楽しんで発表会に臨むことができました。
また、昨年3月に退職された元副園長先生には「正直、私、やす先生を見て笑ってしまうかと思った。でも、やす先生を見てたら、『あ、ちゃんと補助になってる』と思って、頑張ったんだなぁって思ったよ」と声をかけていただき、本当にこれ以上嬉しくありがたいお言葉はありませんでした。
一生、思い出に残る、とてもいい発表会となりました。
ちなみに、他クラスでは「モンスターズ・インク」を行ったクラスのサリーと「3枚のお札」を行ったクラスのヤマンバの着ぐるみ、「タイニイ・トゥインクルとおかしの島」を行ったクラスのクララッカ王子の手下(お面をかぶって全身黒ジャージで登場 笑)、「ワン・ピース」を行ったクラスのナレーション(初代オープニング「ウィーアー」がこのクラスのお遊戯曲で、アニメバージョンの「ウィーアー」の冒頭で流れていたナレーション)を担当させていただきました。
特に僕は声をやるのが好きなので、ナレーションのオファーが来た時には飛び上がって喜びました(笑)。
というわけで、無事に終わった発表会。
また今年の発表会も今からとても楽しみです!


スポンサーサイト

  • 2017.06.24 Saturday
  • -
  • 13:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM