<< 優しさに支えられ | main | 久しぶりの学校 >>

ヒーロー

小さい頃、憧れたヒーローがみなさんそれぞれいたことと思います。
特撮、アニメ、映画などなど・・・。
僕がかつて憧れていたヒーローはスーパー戦隊第22作「星獣戦隊ギンガマン」の6人目の戦士、ヒュウガ(変身後は黒騎士)というヒーローです。
剣(ブルライアット)を天高く振り上げて「騎士転生!」の掛け声で変身し、「黒騎士ヒュウガ!」の決めゼリフ・・・とにかく全てがカッコ良かった!
ギンガマンが放送されていた当時、僕は小学2年生でした。
特に、特撮ヒーローに憧れるような幼稚園時代は逆に全く興味がなく、弟の影響でギンガマンの前作「電磁戦隊メガレンジャー」を観るようになってから、特撮ヒーローという憧れができました。
以来、僕は小学5年生の時に放送していたスーパー戦隊第25作「百獣戦隊ガオレンジャー」まで毎週ほぼ欠かさずに特撮ヒーローを観ていました。

↑ヒュウガ(変身前)

↑黒騎士(変身後)

ところで、僕の憧れだったヒュウガを演じていた俳優の小川輝晃さんもまた、ヒュウガの影響で小学2年生以来、僕が最も好きな男性俳優です。
俳優以外にも、声優や舞台でご活躍中です。
その小川さんが中心となり、東日本大震災の起こった翌12日から現在にかけてツイッターで特撮においてヒーローや敵役を演じた俳優、スーツアクター、ナレーター、声優、主題歌を歌っていた歌手などが全国の被災者の方々に向けてエールを送っています。
最近の特撮ヒーローの関係者のみならず、放送開始当時のスーパー戦隊や仮面ライダー、ウルトラマンなどの関係者もツイッターに参加し、エールを送っています。
奇しくも、僕がかつて憧れたヒーロー・ヒュウガ、そして、現在も憧れ続けている小川さんの行動が本当に素晴らしいことだと感じました。
小川さん(だけではありませんが)のコメントもいつも熱い!
小川さんはヒュウガを演じる以前にも特撮ヒーローを演じていたことがあり、僕が4歳の時に放送していたスーパー戦隊第18作「忍者戦隊カクレンジャー」のサスケ(変身後はニンジャレッド)を演じていました。
無論、僕の同級生ではギンガマンよりもカクレンジャーを観ていたという友達の方が多いですが(笑)。
ちなみに、リアルタイムではありませんが、小川さんがカクレンジャーに出演していたことを知ってから、僕もカクレンジャーを観ました。
だけど、まだ全話観ていない(笑)。
ヒュウガとサスケ、性格は全く違い、小川さんはその日のメッセージの内容によって「黒騎士ヒュウガ」として投稿したり、「ニンジャレッドサスケ」として投稿したり、時に「小川輝晃」として投稿したり、特に子どもに向けたメッセージの時は全てひらがなで投稿したりなど、小川さんの工夫も多々あります。
また、小川さんの投稿の中には「こんなときのためにヒーローだったはずなのに・・・」という言葉もあり、小川さんのとても温かな優しさが感じられました。
個人的に今まで小川さんは単に好きな憧れの俳優でしたが、ツイッターがきっかけでさらに好きになり、さらに憧れ、そして、好きや憧れだけではなく、尊敬できる僕にとっての本当のヒーローになりました。
 
↑左:サスケ(変身前)、右:ニンジャレッド(変身後)

ぜひ、かつてまたは現在もみなさんが憧れているかもしれないヒーロー達の言葉で少しでも、ほんの少しでもいいので、日本が明るくなればと祈っています。
黙祷」でも書いたように、僕も僕で何か自分にできること、やるべき様々なことに毎日一生懸命取り組んでいきたいと思います。
以下のURLより、ヒーロー達のメッセージを見ることができます。
http://twitter.com/tokusatsuhero/


スポンサーサイト

  • 2017.11.25 Saturday
  • -
  • 03:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM