<< 第61回さっぽろ雪まつりin大通会場 | main | 第3回稲積公園冬まつり >>

スポンサーサイト

  • 2016.08.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010年作品展in札幌市資料館

昨日、表現サークルなどでお世話になっているY・N先生のお誘いを受け、Y・N先生、他サークルメンバーのM・Kさん、R・Sさん、H・Nくん、K・Nくん、僕の6人で札幌市資料館へ行って来ました。
それはY・N先生が講師で行っている大谷短期大学・保育科の作品を見ることを始めとし、他の展示も見るために行ってきました。
保育科の作品は小さなものから大きなものまで、まだ僕達が作ったことのないようなものばかりでした。
次年度の造形で行う絵本も展示されており、興味を引かれるものばかりでした。
保育科の展示以外にも自然の写真やアイヌ民族の衣装やバッグ、絵画などの展示もありました。
中でも僕が最も気に入ったのは仏様や子どもを描いたものが展示されている展示室です。
絵葉書も1枚買いました。
また、刑事法廷展示室にも足を踏み入れてみました。
昭和を描いたドラマなどでしか見たことのなかった昔の法廷室を間近で見れ、本当に嬉しかったです。
H・Nくんに被告人席に座らされました(笑)。
 
 
 
 

資料館を堪能した後、全員でさっぽろ雪まつりに行きました。
資料館を出た途端、雪が降り始め、屋台でそれぞれ昼食を買って食べている間にだんだん雪が増しました。
みんなそれぞれ好きな食べ物を買い、回し食べし、色々な国の料理を食べることができました。
特に僕が気に入ったのは「リングイッサ」というブラジルのロングソーセージです。
渦巻きのソーセージをひと口サイズに切り分け、串に5つ刺さっていました。
本場のソーセージを食べたのは初めてだったので、本当に感動しましたし、美味でした。
昼食を済ませた後、大通6丁目へ向かいました。
そこには「手と手」というボランティア団体の会場があり、雪道用の車椅子や障がい者の方の防寒具なども見せていただきました。
ちなみに、雪道用に作られた車椅子のタイヤは普通の車椅子のタイヤの3〜4倍ほどの幅があり、なんと水にも浮くそうです。
色々ためになる話を聞かせていただきました。
その後、Y・N先生と別れ、みんなで大通5丁目に行った後、僕達も解散しました。
僕は自宅の方向がら来た道を戻り、途中でY・N先生と会い、一緒に話しながら途中まで歩いて帰りました。


さて、いよいよテストですね。
僕はテスト勉強未だ何も、通信教育のレポートは1枚も書いていないというヤバい状況です・・・。
これから頑張ります。
みなさんも頑張りましょう!
・・・と言っても説得力ないよね(笑)。

〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=4(さっぽろ雪まつりin大通会場)

スポンサーサイト

  • 2016.08.05 Friday
  • -
  • 14:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM