<< アクティブなお盆休み | main | 2年振りのカーニー・エビマル >>

倶知安町のんびり旅【その14】

過ぎし日の思い出第9弾!

アクティブなお盆休み」で述べましたが、去る昨年8月13〜16日に倶知安へ帰省しました。

町内をドライブした際、新たな史跡を発見しました!

 

〈くとさんパーク〉

ここは総合体育館に隣接する公園です。

幾度も足を運んだことがありましたが、初めて記念碑を発見しました!

以下、碑文を以って代えさせていただきます。

↑短歌「羊蹄山の残照となる薯の花 鴻司」

■碑文(表)■
吉田鴻司「河」同人会長の略歴
羊蹄山の残照となる薯の花 鴻司...

吉田鴻司氏は、昭和三十三年十二月、角川源義(当時、角川書店社長)先生の主宰した俳誌「河」の創刊号から同人として参加した。師・源義の第一のまな弟子である。現在、「河」の同人会長および選者をしている。昭和三十四年第一回の河賞を受賞。
 大正七年七月、静岡市生まれ。句集に「神楽舞」(昭和52年刊)「山彦」(昭和58年刊)「自註・吉田鴻司集」(昭和60年刊)がある。平成六年、第三句集「頃日」により第三十四回俳人協会賞を受賞。編著に「脚註・角川源義の世界」など。
鴻司氏は二十数年間、札幌市を中心にして北海道の俳句指導に通い続けた。おおらかな北海道の自然と風土と人間が、親しみやすかったからだろう。昭和四十三年八月十八日、倶知安町で第九回「河」全国大会の折も師・源義と、また、平成十一年十月十一日の「峠越えただに倶知安の青山河」の源義句碑除幕式の折も、角川照子主宰と倶知安町を訪れている。その後も吟行で何回となく、倶知安町を来訪している。
 掲句は、平成十二年六月、この地を訪れたときの句である。羊蹄山と馬鈴薯の花との照応がすこぶる絶妙である。北の大地・倶知安町の光景が鮮やかに目に浮かぶ。まさに倶知安に対する挨拶句。師・源義の抒情精神を受け継いだ本格的な俳句。
 この旅の吉田鴻司「河」同人会長の句碑建立にご協力いただいた倶知安町の多くの関係者各位、林佑子支部長をはじめとした「河」札幌支部の皆様、倶知安町在住の「河」同人、中野彰一氏などに心から感謝申しあげたい。
 「河」一筋の吉田鴻司同人会長が師・角川源義の隣に句碑の建立されることを、誰よりも本人が喜んでいるにちがいない。
 倶知安町と俳誌「河」との文化的交流が、さらに深まったといえる。
 平成十六年七月
 「河」編集長 佐川広治

■碑文(裏)■

句・書 同人会長 吉田鴻司
建立 「河」札幌支部
   句碑建立実行委員会
   代表 林佑子
竣功除幕 平成十六年七月十一日
施工 有限会社 菊池石材店

由来
略歴文 編集長 佐川広治
書 同人 中野彰一

 

↑短歌「源義 峠越え ただに倶知安の 青山河」

■碑文(表)■
俳誌「河」の第九回全国大会が、倶知安町青少年センターで開かれたのは、昭和四十三年八月十八日である。
大会には角川源義主宰、草村素子編集長など、全国から約百五十人の俳人が集まった。...
この日源義氏は、
峠越え ただに倶知安の 青山川
の句を、倶知安町に贈った。
この句は「河」十一月号に、「蝦夷山河」と題してのせた作品集の一句として表頭をかざっている。
源義氏は角川書店を創立し、民俗学者としてもすぐれた業績を残している。
緑に包まれた豊かな自然の町倶知安の町民として、いつも心にこの句をきざんでおきたいと、有志とはかりこの碑を建立した。

■碑文(裏)■

句 角川源義
書 馬場怜

角川源義句碑建立実行委員会
 代表 武内一男 田尻文雄 竹越健治
    柏谷久雄 柏谷民雄 田口治雄
    稀代祐次 文仙直己 三浦はつ恵
    永江常吉 南河健一 中野隆司
協力者
 脇山忠 中野彰一 倶知安啄木会
 横関建設工業株式会社 菊池石材店

由来文
 文 武井静夫
 書 中野歸山

 平成十一年十月十一日

 

↑転車台

 

↑転車台

 

↑転車台

 

 

■碑文■

機関区とゆかりの転車台

函館本線倶知安駅は、明治37年に北鉄線主要駅として民営により開業した。その後開通時の倶知安機関庫は小樽築港機関区倶知安支区を経て倶知安機関区と改称、最盛期には職員259名を擁し、函館、胆振、岩内各線の運行に重要な役割を果たした。
昭和60年に倶知安機関支区になり、昭和61年の国鉄の民営移管により廃止され、各施設は撤去されたが、唯一残されたこの転車台はC62型蒸気機関車が配置された昭和32年大型電動式に更新された当時のものである。

 

〈サンモリッツ大橋〉

僕が中学生の時、字比羅夫から字樺山へ抜けられる道路が開通し、そこに架かるのがサンモリッツ大橋です。

ここに記念碑があることは以前から知っていましたが、なかなか行くことができず・・・。

昨年、ようやく行くことができました!

↑サンモリッツ大橋

 

■碑文(表)■
友好と発展の架け橋

サンモリッツ大橋が北海道の施工により、二〇〇五年十二月完成しました。
ニセコアンヌプリを主峰とするニセコ連峰が古くから「東洋のサンモリッツ」と謳われ、倶知安町がスイス・サンモリッツ市と姉妹都市であることからその名をこの橋に冠しました。...
「東洋のサンモリッツ」へと至るこの橋が、末永い友好と発展を誓い合う両都市の「架け橋」となるよう願いを込め、その証として、これを建立します。
 倶知安町長 伊藤弘
 サンモリッツ市長 ペーテル・バルトゥ

Bridge of friendship and prosperity

The St. Moritz Bridge was constructed by the Hokkaido government and completed in December 2005.

The bridge was named after St. Moritz city in Switzerland in honour of the sister city agreement between Kutchan and St. Moritz. The Niseko mountain range, of which the highest peak is Mt. Niseko Annupuri, has been called the “St. Moritz the East” for many years.

We hope that this bridge will form a symbolic bridge between the two cities and long-lasting friendship and prosperity will endure.

 倶知安町長 伊藤弘
 Hiroshi Ito, Mayor of Kutchan Town
 サンモリッツ市長 Beter Barth
 Beter Barth, Mayor of St. Moritz City

■碑文(裏)■
1964年(昭和39年)2月 インスブルック冬季五輪視察のためサンモリッツ市を訪問した高橋清吉町長がハンス・フリッシュ市長との会見で姉妹都市提携を申し入れ、同年3月19日の倶知安町議会で議決、同年6月11日サンモリッツ市議会の姉妹都市提携申し入れ議会を経て、倶知安町とサンモリッツ市との姉妹都市提携は本格的に歩み始めた。
1982年(昭和57年)11月 倶知安町から初の民間訪問団(観光協会主催)名畑暢夫(観光協会会長)ら一行23名の親善訪問
1986年(昭和61年)6月 第1回サンモリッツからの公式訪問 コラド・ジョバノーリ市長ら一行9名の訪問
1988年(昭和63年)9月 第1回倶知安町によりの公式訪問 宮下雄一郎町長ら一行23名の訪問団(公式初
1990年(平成2年)1月 第2回倶知安町より公式訪問(サンモリッツ観光局設立125年記念式典参加) 宮下雄一郎町長ら一行21名の訪問団
1991年(平成3年)10月 第2回サンモリッツからの公式訪問(倶知安町開基100年記念) コラド・ジョバノーリ市長ら一行15名の訪問団
1999年(平成11年)6月 第3回サンモリッツからの公式訪問(姉妹都市35周年を記念し訪問) ペーテル・バルトゥ市長ら一行4名
               21世紀に向け両都市が更なる友好を深めるため、交流事業の調印式が行われた
2000年(平成12年)6月 第3回倶知安町よりの公式訪問 伊藤弘町長ら一行24名の訪問団
2006年(平成18年)5月 第4回サンモリッツ市長からの公式訪問(サンモリッツ大橋完成を祝し) ペーテル・バルトゥ市長ら一行5名の訪問団

平成18年5月29日建之
倶知安町観光協会
会長 脇山忠
副会長 川上正宏
 〃  中井直樹
 〃  福井実
 〃  久野賢作

 

〈感想〉
今回、予想外の史跡にたくさん出会うことができました。

今まで数々の町内の史跡を訪ね、全て訪ね尽くしたつもりでしたが、もしかするとまだまだ他にも僕の知らない史跡がたくさんあるのかもしれません!

これからも調査を続けていきます!!



スポンサーサイト

  • 2017.11.27 Monday
  • -
  • 01:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM