<< 1日振りの再会 | main | 久しぶりのスポーツ >>

倶知安町のんびり旅【その5】

去る先々週の12日、就職以来2ヶ月以上振りに地元・倶知安へ帰省しました。
13日から16日までの4日間お盆休みをいただくことができ、週休1日制の保育園ということもあり、なかなか倶知安へ帰省する機会がないため、気持ちのリフレッシュと骨休めのために帰省してきました。
その間、お馴染み?となった倶知安の史跡巡りもしてきましたので紹介したいと思います。

〈旭ヶ丘霊園〉
お盆だからというわけでもありませんが、旭ヶ丘にある霊園の慰霊碑を訪ねました。

倶知安隧道遭難死者慰霊碑
明治37年10月、倶知安に鉄道が開通しました。
トンネル工事で亡くなった方々の慰霊碑が旭ヶ丘霊園内にあります。
詳しくは碑文を以って代えさせていただきます。

↑「遭難死者追悼之碑」

■碑文■
本道の開拓時代にあって鉄道の敷設は先人達の筆舌に尽し難い辛苦があった。間組は明治35年6月最大の難工事であった倶知安隧道(3,200吹)を請負い、全社の力を結集し、施工の進捗に努め37年5月竣功、同年10月函館、小樽間の全線開通をみた。当工事の建設に従事し、散華した殉職者は10名におよんだ。この導き霊の追悼の碑は明治37年4月に恵暁寺境内に建立されたが大正12年災害に遭い、以後幾星霜風雪に耐えて昭和45年倶知安町役場のご尽力により、ここ羊蹄山を望む旭ヶ丘霊苑に安置された。先人の労苦を偲び霊を弔い、ここに建立の趣旨を記すものである。 昭和54年4月1日
 創業90周年にあたり
  株式会社 間組 札幌支店 支店長 音羽敬三

布袋座遭難者慰霊碑
昭和18年3月6日、劇場・布袋座で起こった火災により、200人を超える死者を出しました。
この亡くなった方々の慰霊碑が上記同様、旭ヶ丘霊園内にあります。
詳しくは碑文を以って代えさせていただきます。

↑「布袋座遭難者慰霊碑」

■碑文■
 昭和十八年三月六日春宵 倶知安産業組合慰安映画会が布袋座で催され 楽しく映画が始まった一瞬 フイルムに引火した業火と 丈余の残雪に 入場者は出口をふさがれ さかまく火焔に逃げ場を失ない あたら尊い生命を終られました
 ここに昭和四十年 二十三回忌を期して二百八名の霊を追悼し これを建立する
 昭和四十一年八月建之
 建立者
  遺族会 倶知安町農業協同組合
  倶知安町仏教会

〈工業発祥の地〉
明治26年、マッチの軸木を製造する燐寸軸木工場が創設され、倶知安の工業が発祥しました。
翌27年には同様の工場、縫部製軸所が創設されました。
軸木を岩内に運ぶために作られた道路は縫部道路と呼ばれ、工業内に作られた私塾は倶知安最初の教育所でもありました。
しかし、縫部製軸所は明治31年に火災で焼失しました。
詳しくは碑文を以って代えさせていただきます。

↑「工業発祥の地」

■碑文■
明治26年鈴木大吉民、このあたりの白楊樹を原料とし水力による燐寸軸木工場を創設、次いで翌27年大崎亀吉、縫部兼次郎民等ここに同様の工場を設けた。これによって2年前入植した人々の現金収入の道も拓け、入植者も跡を絶たず大いに開墾がすすんだ。
 昭和五十年十一月三日
  倶知安町文化財保護調査委員会
   委員長 上野留蔵

〈旭ヶ丘公園〉
今までもたくさん紹介してきた旭ヶ丘公園です。
今回は旭ヶ丘公園内にある三十三観音像を訪ねました。
大正12年、西国三十三箇所を巡礼できない人々のために旭ヶ丘公園内に建立されました。
三十三観音像の文字通り、33体の観音像が存在することでしょうが、今回僕が見つけられたのは12体のみでした。
 
 
 
 
 
 

〈感想〉
今回、上記の通り、就職以来2ヶ月半以上振りに倶知安へ帰省しました。
久しぶりの倶知安、久しぶりの実家・・・なかなか帰りたくても帰れなかった場所だけに本当に居心地が良かったです。
4日間なんて本当に束の間であり、1週間、2週間、1ヶ月・・・と言えば切りがありませんが、もっと倶知安にいたかったです。
やはり、生まれ育った地元が一番ですね。
また、今まで訪ねたことがなかった史跡も訪ねることができ、倶知安の歴史の奥深さを感じています。
しかし、まだまだ訪ねたことのない史跡はたくさんあると思いますので、また倶知安の本を読み、行ったことのない場所へ行ってみたいと思います。
また、次に帰れるとすれば、来月の23日〜25日に3連休があるため、その時だと思います。
その日を楽しみに、また明日からも仕事に取り組んでいきたいと思います。

〈おまけ〉
その1

13日、冬期から6月中旬まで休業中だったハンバーガー屋へ久しぶりに行ってきました。
外国人が経営しており、本場の味が楽しめ、店内も外国風の造りでとてもシャレています。
ダブルベーコンチーズバーガーというのを頼み、ドリンクつきで価格は1600円と高価格でしたが、味は価格以上の美味しさでした。
高校時代は高価格に手が出ず、パテ1枚のハンバーガーしか食べられませんでしたが、ようやくダブルを食べることができました(笑)。




その2
13日、洞爺湖から倶知安にお寺・お墓参りに来た祖母が実家へ久しぶりに来ました。
その場にいた父や母も含めみんなで1時間ほど話し、父と2人で祖母を洞爺湖まで送りに行きました。
その途中、蘭越の病院に入院する親戚の祖父を訪ねました。
今まで農家で働いていましたが、90歳を過ぎて農家もできなくなり、去年から病院に入院したそうです。
父が祖父に「うちの長男」と僕を紹介するまで、祖父には分かってもらえませんでした。
就職したことを伝えると「とにかく頑張れや」と言って、普段何もなければ寝たきり状態となり、少なくなった力を振り絞って僕の手を握ってくれました。
帰り際、「また来てな」と言っており、ぜひまた時間を見つけて行きたいものです。
病院の近くのひまわり畑がとてもキレイでした。



その3
14日、前日に岩内で働く弟が帰って来て、家族5人でお寺・お墓参りに行って来ました。
僕と弟がそれぞれ倶知安町外で就職し、なかなか家族5人で集まるのが難しい中でも、家族全員でご先祖様に手を合わせることができ、良かったです。
午後には岩内に住む親戚の伯父、伯母、従兄弟のお兄さんが遊びに来て、2時間ほど時間をともにし、とても楽しかったです。
次、みんなで集まれるのはいつなのかなぁ・・・。

〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=7(倶知安町のんびり旅)
http://importants.jugem.jp/?eid=20(倶知安町のんびり旅【その2】)
http://importants.jugem.jp/?eid=56(倶知安町のんびり旅【その3】)
http://importants.jugem.jp/?eid=61(倶知安町のんびり旅【その4】)


スポンサーサイト

  • 2017.11.25 Saturday
  • -
  • 23:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM