東陵中学校閉校式

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
丸2ヶ月近く、仕事や私用などでブログから遠ざかっており、久しぶりにブログを開いてみれば45日以上更新のないブログに表示される広告まで・・・(初めてです 笑)。
ってなわけで前置きはここまでにして久しぶりにブログを再会したいなぁと思うと同時に、すでに時が経ってしまった出来事も多々ですが、それらを個人的に振り返っていければと思っています。

さて、過ぎし日の思い出第1弾!
去年の11月17日、我が母校のひとつである東陵中学校の閉校式が挙行され、参加してきました。
母校を訪れるのは高校以来だったため、4〜5年振りのことでした。
校舎に入るや否や懐かしい恩師や友達と久々の再会を果たし、まさにタイムスリップしたかのような気持ちに包まれ、感慨に浸っていました。


しばし恩師や友達との再会を懐かしみながら会話を楽しんだ後、いよいよ閉校式が始まりました。
閉校式では中学卒業以来7年振りに校歌を歌いながら、みんなで一致団結した体育大会、3年次には学校祭において唯一の表彰種目となった合唱コンクールで最優秀賞を受賞したこと、ニセコ登山、札幌宿泊研修、修学旅行、個人的には生徒会活動・・・本当に様々な思い出が走馬灯のように蘇り、感慨に浸りつつも母校がなくなってしまう並々ならぬ寂しさを噛み締めていました。
学生さん達の合唱もとても素晴らしかったです。
僅か34年での閉校、あと1年で節目の35年を迎えた母校・・・本当に残念です。






また、3年次、僕は廃校を中心に倶知安町内の学校の歴史を調べてまとめることに没頭していました。
学校の跡地を目指して倶知安の端から端まで自転車で走り回ったこともつい昨日のことのように思い出されます。
それがまさか卒業して7年で、しかも自分の趣味である“廃校”の仲間入りをしてしまうとは夢にも思いませんでした・・・。
閉校式の後、石碑の除幕式が行われました。
石碑を見た時、かつて自分が回った廃校の跡地の石碑がフラッシュバックし、「本当に母校も閉校してしまうんだなぁ」という寂しさがぐっとこみ上げ、涙をこらえるのに必死でした。





閉校式を終え、夜からは「東陵中学校を語る会」があり、こちらも参加してきました。
ここでも恩師や友達との思い出話に花が咲き、とても楽しい時間でした。
東陵中学校のスライドショーや1年次にお世話になったF・O先生のスピーチもとても楽しませていただきました。
最後は再び全員で校歌を歌い、語る会はお開きとなりました。



今回、東陵中学校と同時に倶知安中学校も閉校し、両統合校となる新・倶知安中学校が来年4月より開校します。
この閉校と統合は3年ほど前から決まっていたことですが、ついに来年の3月に母校がなくなってしまうと思うと幾度となく書いているように本当に寂しい気持ちでいっぱいです。
しかしながら、倶知安中学校の校舎は新・倶知安中学校の校舎として、東陵中学校の校舎もまた今後は地域で活用されるとのことで、母校での思い出、そして“東陵魂”はいつまでも心の中に生き続けます。
我が学び舎よ、温かく包んでくれてありがとう!
そして、たくさんの思い出をありがとう!!
東陵中学校よ、永遠に!!!

〈おまけ〉
閉校式終了後、語る会が始まる前に久しぶりに「泊りがけで岩内へ」・「家族とともに過ごす時間」で紹介した手風琴へ食事に行ってきました。
今回はチャーハンと恐らく小学生時代以来となるパフェを頼んで食べてきました。
本当に手風琴の料理は最高に美味しいです!
あまり倶知安へ帰る機会がありませんが、今度帰った時にもぜひ食べに行きたいと思います!!




福祉保育学科8期生同窓会【その2】

先々週の14日、吉田学園同窓会の行われた去年の11月以来、半年以上振りに学生時代に苦楽をともにした仲間達で集まりました。
今回、僕は初幹事を務めました。
集合場所は母校前、集合時間は21時半。
21時を過ぎた頃から次々と懐かしい顔ぶれがたくさん足を運んでくれました。
1次会はすすきのハイボール酒場 菱箸での飲み会を行い、7月限定のクーポンのお陰で生ビールつき2時間飲み放題に加え、57品目食べ放題もついて何と2500円という激安料金で飲み会を行うことができました。
我ながらいいところを見つけたものだ(笑)。
1次会参加者はS・Kさん、A・Kさん、M・Kさん、O・Sさん、M・Sさん、H・Zくん、M・Tさん、K・Nさん、T・Fくん、C・Yさんで、僕を含めて11人の参加でした。
みんなで好きなものを食べたり飲んだりしながら仕事の話や近況の話などをたくさんし、とても楽しむことができました。
その後、2次会会場のディノスへ移動。
2次会はもちろんカラオケ!
予約時間より早く着いたため、みんなでプリクラを撮りました。
ギュウギュウ詰めで僕は顔の4分の1程度しか写らず(笑)。
ここでC・Yさんは帰宅。
そして、いよいよ学生時代からお馴染みのまねきねこへ!
途中からE・OくんとN・Sくんも参加してくれ、12人で朝まで寝ずに歌って踊って楽しみました。
朝6時になり、元クラス委員長ということで毎度お馴染みに締めの挨拶を頼まれて僕が一言挨拶をし、またの再会を約束して解散しました。
本当に楽しい時間というのはあっという間に過ぎ去るものです。
各々社会人として働き、学生時代のように当たり前に毎日集まったり遊んだりすることはできませんが、今後とも気心知れた仲間達と集まって情報交換やリフレッシュする時間を作ることを大切にしていきたいと思います。
今回、同窓会に参加してくれた人、そして残念ながら参加できなかった人もたくさんの返信どうもありがとう!
また時期を見て企画したいと思うので、その時はぜひまた参加してくれたら嬉しいです!!
それじゃあ、また会う日まで。

〈リンク〉
http://importants.jugem.jp/?eid=68(福祉保育学科8期生同窓会)


母校で恩師と

私事ですが、一昨日新たな就職先が決まりました。
今度は認定こども園で働くことになりました。
就職先が決まった・・・と言っても6月中は研修、研修の評価次第で7月からの正式採用か否かが決まるため、まだ一次試験突破といったところですが、まずは就職への道をようやく切り開けたので良かったと思います。
その就職報告も兼ね、一昨日は母校の専門学校へ行ってきました。
僕が専門学校在籍時にお世話になった先生方の多くは別の職場へ転勤されるなどし、今や知っている先生は2人となってしまい、少し寂しく感じます。
その2人のうちの1人は僕が1年次に担任だったK・N先生です。
1時間ほどK・N先生と前職場での出来事、就職活動中の出来事、元クラスメイト達との交流のことなど色々お話しし、とても楽しかったです。
また、僕が1年次にお世話になった元H・A学科長にも偶然お会いし、本当に久しぶりにお話しすることができました。
帰り際には幼稚園教諭の通信教育でお世話になったK・H先生ともお話しすることができました。
時々、母校を訪れてお世話になった恩師とお話ししてくることはとても充実感がありますし、リフレッシュにもなります。
また時間を見つけて母校に遊びに行きたいと思っています。
ちなみに、この日、電話で2年次に担任だったM・N先生ともお話ししました。
M・N先生とお会いしたのは卒業式以来1年以上前のことであり、卒業後はメールでのやり取りのみだったため、久しぶりにM・N先生のお元気そうな声をお聞きすることができたとともにたくさんお話しでき、とても良かったです。

〈おまけ〉
ここ最近、僕の体重が増えてしまい、最近は徹底的な食事制限をしています。
しかしながら、この日は久しぶりの中央区。
せっかくなので、学生時代に住んでいた家の近くにあり、学生時代によく通ったラーメン屋の札幌軒へ行きました。
懐かしい味のするチャーハン、さっぱりとした醤油ラーメン、とても美味しかったです!



3.11〜震災及び卒業から1年〜

日本中を衝撃の渦に巻き込んだあの東日本大震災から丸1年が経ちましたね。
震災で亡くなられた方々に黙祷を捧げご冥福をお祈りするとともに、現在もなお避難生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞い申し上げます。
それにしても1年という時の流れとは本当に早いものです。
上記の通り、3.11は一般的には東日本大震災が起こった日ですが、「最後の日」で述べたようにこの日は僕達北海道福祉大学校・福祉保育科8期生にとっては忘れもしない卒業式の日でした。
卒業式終了後、祝賀会の準備や表現サークルのDVD制作(表現サークルのメンバー全員に2年間の活動風景を撮影した写真を使ってDVDを制作し、祝賀会や2次会で渡しました)などもあって僕は一度帰宅し、表現サークルのDVD制作のためにパソコンをいじっているとすぐに地震と分かる揺れがあり、早速テレビをつけると東北地方でマグニチュード9の大地震が起きているとの情報が入ってきました。
次第に電話やメールもつながらなくなり、ただ事ではないと思いつつ、地震が起きたということ以外に詳しい情報を知らないまま、祝賀会や2次会では友達や先生方とお酒を飲みながら語り合い、3次会ではカラオケでワイワイガヤガヤ一睡もせず朝まで歌い通し、帰宅しました。
帰宅して早速テレビをつけると東北地方が見るも無残な姿になっており、大変なことになったという事実を初めて知りました。
あれから1年・・・。
先日、ある番組で被災者である女子高生が話していた「いい加減メディアで『復興!復興!』言われるのは嫌気がさす。復興って何なのか?この先新しい建物が建っていって新しく町が生まれ変わればメディア上では“復興”したことになるかもしれない。しかし、震災前の町、私が生まれ育った町が元通りに戻るわけでもなければ、亡くした大切な人が戻ってくるわけでもない。私達の被災した心は一生復興することはない」という言葉がとても印象的でした。
・・・本当に難しい問題ですよね。
正直、何不自由ない生活をしている僕達には被災者の心に渦巻いているものは全くと言っても過言ではないほど分かりません。
しかしながら、そんな中でもひとつ、これだけは言えると思います。
東日本大震災が起こったという事実、3.11をこの先何年経っても風化させてはならないということです。
正直、時が経つに連れ、震災があったことを忘れがちになることがありますが、上記の女子高生が出ていたテレビを見てから、改めておこがましくも自分はどれだけ被災者の力になれるかを考えつつ、
自分が今すべきことに精一杯取り組んでいきたいと感じました。

ところで、上記したように僕も専門学校を卒業して1年が経ち、3日前には「最後の学校」で述べたように修了式があり、通信教育を受けていた近畿大学豊岡短期大学・こども学科も無事卒業となりました。
何度も言いますが、本当に時の流れとは早いものです。
最初の方でも触れましたが、「最後の日」で述べたように去年の今日に専門学校の卒業式を迎え、祝賀会や2次会では馴染みの仲間達やお世話になった先生方と楽しい時間を共有し、3次会では翌朝までカラオケを楽しみました。
3次会を終え、最後にクラス委員長としてみんなの前で挨拶し、それぞれが帰るべき方向へ歩いていく姿を見届け、1人になった時、「もう来週から当たり前に毎日みんなと会えないんだ・・・」という気持ちが急にこみ上げ、目頭が熱くなりました。
帰宅し、早速テレビをつけて震災の影響を受けた東北地方の様子を少し観た後、卒業式の前日は1〜2時間しか寝ていなかったこともあってすぐに眠りにつきました。
起床後、クラスメイト全員に渡した、専門学校での2年間の思い出の数々を詰めた自主制作のDVD「Memories」を観たくなり、1人で観て2年間の出来事を走馬灯のように思い出しながらしみじみしていました。
今でも1年前のことをつい昨日のことのように鮮明に覚えているため、あれから1年経ったなんて本当に信じられません。
個人的には卒業式以来会っていない友達も6人います。
みんな今はどこで何をしているのだろう?
とにかくみんな元気でいてくれたら何も言うことはありません。
次にみんなと会えるのはいつ頃なのだろう?
また保育科のみんなで集まってお酒を飲んだり、カラオケでワイワイガヤガヤ歌って楽しみながら、近況や保育科での思い出話を語り合いたいなぁ〜!
またみんなに会える日を楽しみにしています!!

↑去年の3月10日に行われた修了式の日(卒業式の前日)に撮影した教室

ところで、2009年12月23日から始めたこのブログもいよいよ今回の書き込みで150回目を迎えました!
東日本大震災から1年、個人的には専門学校の卒業から1年という節目の3.11に150回目を迎えたのも何かの縁なのかもしれません。
今後とも続けていきますので、どうぞよろしくお願い致します!


最後の学校

昨日、僕の出身校である北海道福祉大学校で修了式がありました。
僕は2009年から今年までの3年間、幼稚園教諭二種免許取得のために近畿大学豊岡短期大学の通信教育を受けていました。
この通信教育は大学校と短期大学のカリキュラムの締結により行われていたため、僕達も修了式に参加しました。
ただし、僕達通信教育受講者は修了式への参加は仕事等の事情も各々あるために強制ではなかったため、僕以外に参加していたのはH・Fくんのみでした。
修了式では各学科の表彰、そしてH・O校長先生の祝辞がありました。
H・O校長先生のお話では「身体は人生を作っていく大切な宝」、「何事にも感謝の気持ちを忘れないこと」、「諦めない心」という3点をとても力強く話しておられました。
主にこれから社会人となる学生へのお言葉でありつつも、社会人となった僕達も改めて自分自身を考え直させられるお言葉でした。
最後に流されたH・O校長先生の涙は一生忘れません。
修了式を終え、福祉保育学科の学科長と3年間通信教育を担当して下さったK・H先生に個室に呼ばれ、学科長から短期大学の卒業証書と記念品を授与していただきました。
「いよいよ短期大学も卒業なんだ」という実感も湧き、3年間レポートに集中講義に投げ出さずに頑張ってきて良かったと心から感じました。
ちなみに、記念品は生絹ちりめんの金封ふくさでした。
 
↑左:卒業証書、右:記念品の箱と中身

その後、福祉保育学科で2年間クラスメイトだった数名が所属していた介護1課の教室で1課のメンバーとH・Fくんと合流。
積もり話をしつつ、教室掃除の手伝いや1課の卒業アルバムのフリースペースにコメントを書いて過ごしました。
そして、数十分後に1課のホームルームが始まって僕やH・Fくんも一緒に出席させてもらい、自分の学生時代のことも思い出しつつ、感慨に耽っていました。
最後は1課のM・Kさんの号令に合わせ、僕にとっては3年間の学業を無事終えられたことやここまで苦楽をともにしてきた友達への感謝の気持ちを込めて「ありがとうございました!」とみんなと一緒に一礼しました。
ホームルーム終了後、みんなで記念撮影し、本当にいい写真が撮れました!
その後、僕は学校を出て元クラスメイトのM・Oくんと合流し、なか卯で昼食を食べました。
個人的にはかなり久しぶりのなか卯であり、カツ丼と牛丼を食べ、満腹になりました。
本当に美味しかったです!


その後、僕とM・Oくんは1課のK・Nくんと3人でノルベサへ行きました。
K・Nくんは1課のメンバー&H・Fくん達と合流してノルベサ内にあるもんじゃ焼き専門店のムーの子孫へ。
僕とM・Oくんはノルベサでボーリングをしようと思いましたが、諸事情で今日はやめ、ノルベサの近くにあるまねきねこへカラオケをしに行きました。
1時間半歌い、とても楽しかったです!
M・Oくんとはここで解散し、僕は1課のメンバー&H・Fくん達と合流。
すでにラストオーダーまで残り30分、食事時間終了まで残り1時間でしたが僕も参加させてもらいました。
個人的には初めてもんじゃ焼きを食べ、なかなか美味しかったです。
食べながら、周りの元クラスメイト達と積もり話や近況などを話しつつ、楽しい時間を過ごすことができました。
あっという間に1時間経ち、お開きとなりました。


自宅へ向かう途中、自宅の近くにあり、去年祝賀会を行ったルネッサンスサッポロホテルの前を通り、去年の祝賀会のことを思い出していました。
「もうあれから1年か・・・」。
去年の3月11日に行われた卒業式並びに祝賀会の日は忘れもしない東日本大震災の日でもあり、
1年という長いようでとても早い時の流れにただただ驚くばかりでした。
 

本当に本当の最後の学校・・・。
短期大学を無事卒業し、スクーリング等で通っていた大学校とも今日で本当に本当のお別れ・・・。
延べ3年間通った大学校とのお別れ・・・。
卒業の嬉しさの反面、本当に本当の最後の学校の日を迎え、どことなく寂しさもあります。
しかしながら、大学校で出会った友達や先生方との交流が今後一切途切れるわけではありません。
今後とも交流の場を大切にし、さらにさらに親交を深めていけたらと思っています。
大学校でお世話になったみなさん、本当に今までありがとうございました!
そして、これからの人生も何卒よろしくお願い致します!!

〈おまけ〉
卒業から1年というのも去ることながら、昨日はちょっとしたプライベートからも丸1年でした。
それは「卒業前の親交会」で述べましたが去年の3月8日の夜に当時クラスメイトだった数名で集まってA・Oさんの家で宅飲みしながら語り合ったり、翌朝までカラオケ行ったりと卒業間近にさらに親交を深めた日からも丸1年でした。
去年の修了式は3月10日、「確か修了式の前々日に宅飲みしたり、カラオケ行ったりしたよな・・・」と思い、ブログを確認したらドンピシャでした!
上記のムーの子孫で僕の近くに座っていた1課のK・IさんやK・Nくんもまた親交会に参加していたメンバーであり、「去年のあの本当に楽しかった日から丸1年経ったんだね」としみじみ話しながら過ごしました。


幼稚園教諭二種免許取得へ

一昨日、幼稚園教諭の資格取得のための通信教育の最後のスクーリングがありました。
仕事を終えた後、自転車で急いで専門学校へ。
前回のスクーリング以来会っていなかった人も多数おり、久しぶりにみんなの元気な顔を見れて良かったです。
また、お互いの近況や仕事の話なども多数でき、とても楽しかったです。
今回は事務手続きのみであり、近畿大学豊岡短期大学通信教育部の先生がいらっしゃり、その先生の話を聞いた後、書類に判を押して終了という流れでした。
いよいよ幼稚園教諭の資格を手にすることができることに並々ならぬ嬉しさを感じます。
3年間通して課題兼試験レポート全て合わせて48枚書き、レポートは教科によってはどのように考えをまとめていいのか分からずに挫折しそうになったことも何度かありましたが、投げ出さずに取り組んできて本当に良かったと思っています。
また、レポートを書いていくことで、文章構成や主語・動詞の抜けがないかどうかということも意識するようになり、その積み重ねが現在とても役に立っています。
今後、自分が幼稚園教諭になるか否かはまだ分かりませんが、無事3年間における通信教育を修了できることになり、本当に良かったです。
また、3年間通信教育を担当して下さったK・H先生から1人ひとりにメッセージカードが配られ、「いよいよ終わってしまうんだな」と嬉しさの反面、ちょっとした寂しさのようなものも感じました。
まだ日程は不明だそうですが、通信教育の卒業式(修了式)もあるそうであり、ぜひ参加できればと思っています。

↑K・H先生からいただいたメッセージカード

〈おまけ〉
その1
スクーリングの帰り、久しぶりの中央区ということもあり、1人でまねきねこへカラオケに行ったり、札幌駅のビッグカメラへ行ったり、ヤマダ電機で買い物をするなど、色々と回りました。
自宅へ戻る途中、鴨々川の橋を通りました。
オレンジ色のライトが川に映り、微量に積もる雪もあり、とてもキレイでした。


その2
自宅に戻った後、自宅近くにある銭湯の鷹乃湯へ行ってきました。
久しぶりの大浴場、とても気持ち良かったです!
風呂上りの牛乳とアイスは毎回欠かせません。
本当に最高です!



第31回吉田学園同窓会

去る去年の11月26日、僕の母校である吉田学園の同窓会があり、出席してきました。
同窓会は19時からキリンビール園で行われ、出席者は僕、M・Kさん、S・Kさん、A・Kさん、M・Sさん、S・Sさん、H・Zくん、T・Fくん、Y・Yさんと9人のみでした。
卒業以来会ってないという人はいませんでしたが、いずれも久しぶりに会う面々が多く、みんな元気そうで良かったです!
福祉保育学科の先生方はK・N先生、K・H先生、T・H先生が来ていらっしゃり、久しぶりにお会いでき、良かったです。
また、昨年度まで福祉保育学科の副学科長をしていらっしゃり、別の学科に異動になったH・H先生も保育科のブースに来て下さり、久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
同時に、かなり遅めの就職報告ができて良かったです(笑)。
また、僕が働いている保育園の姉妹園にかつて務めていらっしゃたという先輩を1年次に担任だったK・N先生に紹介していただき、その先輩とも5分ほど保育について色々お話させていただき、とても楽しかったです。
色々な思い出話や積もり話に花が咲き、あっという間の2時間でした。
その後、僕は一度帰宅し、M・Oくんと僕の自宅前で待ち合わせ、一緒に自転車で2次会の会場へ。
2次会は学生時代のH・Zくんのバイト先の店長さんがいらっしゃるまねきねこであり、お値段はH・Zくくんのコネで全員半額にしていただけ、H・Zくんや店長さんに感謝です。
M・Kさん、S・Sさん、T・Fくんは帰宅し、M・Oくん、A・Sさん、N・Sくん、Y・Yくんの4人が加わり、10人でワイワイガヤガヤ朝まで歌い通しました。
個人的に学生時代にはオールすることは楽勝でしたが、仕事を始めてからは規則正しい生活になり、明け方には凄まじい睡魔に襲われ、オールできずに寝てしまうこともよくありますが、今回は明け方までそれほど眠くならずにオールできました。
朝6時にお開きとなり、M・Oくんの車を運転してM・OくんとN・Sくんを自宅まで送って行き、僕は地下鉄で帰りました。
そして、自宅に着いたのは8時前であり、すぐに眠りにつき、起きたのは15時少し前でした(笑)。
久しぶりのオールで少し疲労も溜まりましたが、久しぶりに学生時代に戻って楽しく、幸せたっぷりの1日でした。
みんな、ありがとう!
そして、また集まろう!!


学生を終えて

最近、専門学校時代の友達と遊んでいます。
先週17日はM・OくんとROUND1で遊び、その2日後にはM・Oくん、E・Oくん、N・Sくんと一緒にびっくりドンキーで夕食の後にE・Oくんの家に1時間半ほどお邪魔しました。
今日も22時からM・Oくんの家に行く予定です。
専門学校時代に学生生活をともにした仲間達が近くにいて、そういった仲間達と時折会って遊べることはとてもありがたいことです。
気心知れた仲間と話したり遊んだりすることはとても楽しいですし、気持ちのリフレッシュにもなります。
本当にみんなに出会えて良かったです!
あの東日本大震災があった日、北海道福祉大学校の学生としては終わりを告げましたが、幼稚園教諭二種免許取得のために近畿大学豊岡短期大学通信教育部に在籍してるため、そちらの学生としてはそのまま継続していました(カリキュラムが3年課程だったため)。
しかし、その近畿大学のカリキュラムも3日前に全て終了し、とうとう本当に学生を終えました。
先週20日から翌21日の土日に掛けて総合演習の集中講義とレポートが行われました。
通信教育は集中講義もいくつかありましたが、主にレポートを書いてきました。
レポートのレの字も知らず、何をどう書いていいのかも分からないまま始まったレポート。
一番最初は憲法のレポートであり、個人的に社会が苦手のため、余計に何をどう書いていいのか分からず・・・(笑)。
しかし、分からないなりに参考文献を用いながらレポートを書き、憲法のレポートに始まって総合演習のレポートまで、通常レポートと試験レポート全てを合わせたら48枚も書いていました。
誰も脱落することなく、ここまで乗り切ったことは本当にすごいことだと思います。
時には徹夜で一睡もせずにレポートを書いたり、何をどう書いていいのか分からずに2〜3時間何もできずに悩みに悩んだ時もありました。
しかし、最終的には何かかしら書けて、合格することができました。
色々ありましたが、こうして全ての課程を終え、3日前にとうとう学生を終えました。
ちょうど昨年の昨日、つまりちょうど1年前、幼稚園教育実習が始まり、自分の出身園に行ってきました。
4週間の実習をさせていただいたクラスは年長さんのクラスであり、その時に関わった子ども達も来月には小学1年生になって半年になろうとしており、「みんなどうしているのかなぁ」と思いつつ、時の流れとは本当に早いものだと感じました。
いよいよ幼稚園教諭二種免許を取得できることに並々ならぬ嬉しさを感じる反面、「終わったんだなぁ〜・・・」という何だかしんみりするというか、寂しさのようなものを感じました。
いや、みんなとの交流が途切れるわけではないのですから、寂しいことはないですね。
これからもまたみんなで集まって遊ぼう!
とにかく、通信教育を受けていたみんな、本当に3年間お疲れ様!!


起立!よろしくお願い致します!!

過ぎし日の思い出第9弾!
7月24日、通信教育の授業が母校の北海道福祉大学校で行われ、久しぶりに学生に戻りました。
「起立!よろしくお願い致します!!」と、恐らく3月9日の修了式以来久しぶりに号令をかけ、通信教育の近畿大学豊岡短期大学から来て下さった講師の先生に挨拶をしました。
1人ひとり児童福祉に関するテーマを持って書いてきたレジュメを発表し、質疑タイム、先生からのコメントといった流れで授業が展開されました。
19人全員の発表を1つひとつ聞くのは個人的に寝不足もあって少し疲れましたが、本当に学生時代の風景そのままに個人的には楽しかったです。
全員無事に発表を終え、みんな合格することができました。
みんな、おめでとう!
また、久しぶりに会う元クラスメイトもたくさんいて、色々話して近況を知ることもでき、良かったと同時に本当に楽しかったです!!
みんなといれる時間は束の間であり、9時に始まった授業はあっという間に17時になって終わり、それぞれ帰っていきました。
次の通信教育の授業は8月20日と21日であり、講師は前学科長のK・H先生です。
元クラスメイト達との再会やK・H先生との再会もとても楽しみです!
2日ありますので、通信教育を受けていなかった元クラスメイト達も遊びに来れる時間があればぜひ来てもらって元気な姿を見せて欲しいものです。


福祉保育学科8期生同窓会

過ぎし日の思い出第8弾!
7月17日、久しぶりに専門学校時代の元クラスメイトと集まってワイワイガヤガヤ、学生時代に戻ったかのように飲んで食べて歌って楽しんできました。
こうして専門学校時代のクラスメイト達と集まるのは卒業祝賀会〜3次会以来4ヶ月振りでした。
全体的な参加者は僕、S・Kさん、A・Kさん、O・Sさん、M・Sさん、A・Sさん、N・Sくん、M・Tさん、M・Cさん、Y・Bさん、Y・Hさん、H・Fくん、Y・Mさん、Y・Yさんであり、企画者はY・Yさんでした。
うち、M・Cさんは1次会途中からの参加であり、O・Sさん、N・Sくん、Y・Bさん、Y・Mさんは2次会のみの参加でした。
22時に母校の北海道福祉大学校前に集合するということであり、僕は15分前に現地に着きましたが、まだ誰もおらず(笑)。
5分ほど経ってS・Kさんが来て、すぐにM・Tさんが来て、それから次々と到着し、揃ったところで居酒屋・HOT PEPPERに向かいました。
22時半過ぎに1次会開始!
みんなで仕事のことや近況など、様々な積もり話をしました。
当時の僕は(今もですが)仕事にまだまだ慣れきらず、「逃げたい」と思ってしまうことも時々ありました。
しかし、みんなの話を聞いていると、それは僕だけではなく、僕よりもたかだか数ヶ月かもしれませんが長く働いている他のみんなも多々そう思っている人もいることを知り、逆に「自分だけではないんだ」ということを知ることができ、何か安心感でもありませんが、そういう気持ちが込み上げました。
途中からM・Cさんが加わり、また話にも花が咲き、深夜1時半前に1次会を終了し、2次会会場のまねきねこへ向かいました。
まねきねこは「最後の日」や「レジャーinまねきねこ」で書いたように学生時代に最も通ったカラオケ店であり、現在もみんなで行くカラオケ店といえばここのまねきねこが多いです。
ここでY・Hさん、H・Fくんが帰宅し、間もなくO・Sさん、N・Sくん、Y・Bさん、Y・Mさんと合流しました。
久しぶりの大人数でのカラオケに個人的にもヒートアップし、ワイワイガヤガヤ、卒業式の3次会を思い出しつつ、本当に心の底から楽しみました!
途中でM・Sさん、A・Sさん、M・Cさんが帰りましたが、それでも終わりを迎える時までテンションマックスで歌いきり、朝の6時にお開きとなりました。
元クラス委員長ということで僕に最後の挨拶(というほどのものでもありませんが 笑)を頼まれ、ちょっとみんなに話をして解散しました。
ちなみに、1次会、2次会の開始の音頭も頼まれ、最後の挨拶も含め、何か小恥ずかしかったです(笑)。
しかし、卒業式の3次会の終了時にもみんなに一言挨拶をし、「また時間を見つけてみんなで集まろう!」と話した日から4ヶ月以上も経ったということを心の中で思い、時の流れは本当に早いと感じていました。
休日が終わればまた翌日(19日)からも仕事、19日は早番でかつクラスの打ち合わせもあり、7時からの勤務で帰るのも21時近くと遅くなる日でしたが、また1日頑張ろうという気持ちになったのを覚えています。
今回は10人強と参加数も少なかったですが、ぜひとも今度は多く集まれることを祈りたいです。
僕もまた、企画立てれたら立てたいと思います。
また近いうちに集まって、学生時代に戻って、ワイワイガヤガヤ、色々楽しもう!


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM